ブリヂストンBRM株式会社

CSR

安全

安全宣言

ブリヂストンの安全宣言にある「安全はすべてに優先する」は、私たちブリヂストンの企業経営の基盤です。ブリヂストン共通安全規定項目(3S、KY、RA、安全ルール)をグループ統一的な活動として全社員が、労働安全・衛生・防災活動に継続的に取組んでいくための指針としてその浸透・定着に向けた活動を続けています。

安全宣言

安全活動

ブリヂストン共通安全規定項目活動を推進。その一環として日々の安全活動の中で、巡回・指導及びリスク低減活動を推進し安全・安心な職場作りを目指し、社員一人ひとりの安全意識向上を図ると共に風土・文化・体質作りを行っています。
また、ブリヂストンBRMでは毎年5月11日を安全の日と定め災害ZD活動に取り組んでいます。

TOP経営層実践活動
安全体感教育

防災訓練

AED実践講習
集合訓練

ブリヂストングループ内での大火災を教訓に全社員が「あの日を忘れない」という強い決意のもと、9月8日を「グループ防災の日」と定め、全員参加で防災意識向上の為の活動を推進しています。
私たちブリヂストンBRMも自衛消防団を設置し、地震による火災等を想定した防災訓練を、社員全員が緊張感を持って真剣に取り組んでいます。

安全運転講習会/フォークリフト技能競技会

春や秋の全国安全運動の期間等、年間を通し定期的に安全運転講習会と立哨活動を実施し、交通事故撲滅を呼び掛けています。
又、フォークリフトの運転競技会を通し、運転の知識と技能の向上を図り、職場における安全作業の確立を目的とした地区大会を例年おこなっています。

安全運転講習会
フォークリフト技能競技会