製造工程

リ・モールド方式の製造工程


  • (1)ゴムの研磨
    BS規格に基づきトレッドゴムを削りとり、一定の形状・寸法に仕上げます。

  • (2)ゴムの押し出し
    新品タイヤと同様のトレッド用ゴムを使用し、一定の形状にゴムを作ります。

  • (3)成形
    トレッドゴムをセメントされた台タイヤに貼り付けます。

  • (4)金型で加硫

    新品と同様のパターンで一定時間、
    熱と圧力を加えます。

  • (5)耐圧検査
    タイヤ内に一定の空気圧を充填し、最終検査を行ない耐久性を確認します。

プレキュア方式の製造工程


  • (1)NDT検査(外部損傷検査)
    針や金属などの見えない貫通傷等を高電圧検査で発見します。

  • (2)シアロ検査(内部損傷検査)
    外観では判断できない内部構造、タイヤ内部の損傷をモニター画面に映し出し、台タイヤを厳しく選別します。

  • (3)トレッドゴム貼り付け工程
    加硫済みのゴムを貼付け。

  • (4)加硫工程
    加硫し、トレッドゴムを台タイヤに装着。

  • (5)耐圧検査
    タイヤ内に一定の空気圧を充填し、最終検査を行ない耐久性を確認します。